デフレに物価上昇の時代に必須!資産運用ポートフォリオの豆知識とお勧めの投資商品を紹介

デフレはデフレーションの略称、人々が普段購入している日用品やサービスなどの値段が全体的に下がる現象、モノに対して相対的に貨幣の価値が上がる状態を意味するものです。デフレのときには、モノが売れなくなり景気が悪くなるわけですが、これにより企業の業績が悪化してしまい減給やリストラにより失業者が増えるなどのデメリットを作り出します。資産運用ポートフォリオは、こうしたデフレによる物価上昇のリスクを抑えることができる、資産運用ポートフォリオの豆知識をご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

先の見えない不況時代にリスク分散の資産運用ポートフォリオが大事

資産運用を考えているのであれば、リスク分散のためにポートフォリオを活用することが大切です。ポートフォリオを活用するメリットは、投資リスクを軽減できる点です。一つの投資商品に全資産を投入してしまったら、その投資商品が暴落した場合に大損害を被ってしまいます。しかしさまざまな投資商品に分散して投資を行なえば、その中の一つが暴落したとしても、被害を最小限に抑えることができます。このような資産運用は、大きな利益を生むのは難しいですが、その分、大きな損害を出すこともないので安全に運用していくことが可能です。短期的な変動を気にしなくて済む点も、メリットの一つと言えるでしょう。分散投資は長期投資を前提に行っているので、相場の変動を気にしないで運用することができます。働いている方の多くは、常に相場を確認することが難しいのではないでしょうか。分散投資であれば、そのような相場のチェックを頻繁に行わなくてもいいので、普通に生活しながら運用することができます。

低金利時代でも資産を増やすことのできる資産運用ポートフォリオとは?

低金利時代では、銀行にお金を預けているだけでは増やすことはできません。さらにインフレが起きてしまうと、お金の価値が下がってしまうので、銀行に預けているだけでマイナスになってしまう恐れもあります。しかし投資は損をしてしまうこともあるので、実行するのに躊躇している方が多いのではないでしょうか。やり方次第では、比較的安全に投資を行える方法があります。それはどのような方法かというと、資産運用ポートフォリオです。ポートフォリオとは自分が投資する金融商品の組み合わせや保有比率のことを言い、この組み合わせをバランスよく行うことで、安全に資産運用をすることができます。これを行う際のポイントは、金融商品ごとに目標利回りを設定することです。設定することによって、自分が考えた資産運用が計画通りに行えているかどうかを知ることができます。運用期間によって目標利回りは変わってくるので、自分のニーズに合わせて選ぶのがポイントになります。

戦争有事の今の時代だからこそ資産運用ポートフォリオが注目される

資産運用する際には、長期・分散・福利という言葉がキーワードになりますが、利益の裏にはリスクがあるということを理解しておく必要があります。日本にいるとあまり実感することができませんが、世界には戦争が起こっている地域もあるので、戦争有事に対する資産運用ポートフォリオに目を向けることも大切です。戦争が発生した時、株価はどのように動くかというと、戦争開始時は経済市場の混乱を考えて下落する可能性が高いですが、時間の経過とともにもとに戻っていく傾向が高いと言われています。また戦争が始まった頃は、防衛関連の銘柄が上昇するという特徴があります。さらに最近の防衛技術はAIを活用していることが多いので、ITサービス業の銘柄も上昇する傾向です。逆に下落する可能性のある銘柄は、空輸関連や為替に影響があるものです。空輸関連は戦争が開始された時に、真っ先に下落します。これらのことを踏まえて、戦争有事の時は資産運用ポートフォリオを作成するのがいいでしょう。

今後来るであろうインフレーション時に備えるのに有効な資産運用ポートフォリオ

最近物価が高くなったと感じませんか。日本は長い間デフレーションの時期がありましたが、インフレーションになりつつあります。インフレーションになると物の価値が上がってお金の価値が下落してしまうことから、預貯金の価値が下がってしまう傾向です。ただ預けているだけなのに、お金の価値が下がってしまうなんて嫌だと感じる方が多いのではないでしょうか。そんな時は、投資をするのがおすすめです。しかし投資は利益を出すだけでなく、損をしてしまう恐れがあるので、躊躇してしまう方が多い傾向にあります。なるべくリスクを抑えて資産運用したいのであれば、資産運用ポートフォリオがおすすめです。この方法を行なえば、株式や債券などさまざまな金融商品をバランスよく組み合わせて投資を行うことができるので、自然にリスク分散ができるという特徴があります。資産運用でリスクを分散することができれば、物価高騰の対策の一つとして使えることができます。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品①外貨

ポートフォリオに外貨を組み込んで資産運用するメリットとして挙げられるのが、その価値がなくなることはないというものです。
資産運用先として多くの人が利用している株式取引などは、企業が倒産してしまうとその価値はゼロになってしまいます。
ところが海外の国々の通貨ならば国そのものが倒産してしまうといったことがないため、価値がゼロになることもありません。
もちろん下がってしまうことはあるかもしれませんが、ゼロになるわけではないのでいくらかでも取り戻すことができるのは魅力と言えるでしょう。
さらに国が関わっているという事実も外貨の大きな魅力と言えます。
企業が発行している株式は、国が関わっていることはほとんどありません。
そのためもし倒産しても国が助けてくれることはなく、これまで投資してきた資金を失ってしまうことになります。
外国の通貨は当然ながら国の銀行が発行していますから、何かあった場合でも当然ながら支援が期待できるのが大きな違いです。
他にもスワップ運用ができるなど様々な魅力を備えた金融商品です。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品②ゴールドやプラチナ

資産運用でおすすめしたい商品といえばやはり、ゴールドやプラチナといった貴金属は外せないのではないでしょうか。
どちらもいわゆる実物資産と呼ばれているもので、会社の倒産によって紙くず同然になる株式とは異なります。
資産運用においてはこうした実物資産を含めて、分散投資を行うことがポートフォリオ的にも重要といわれています。
ゴールドは大昔から輝きや希少性が認められてきましたし、現代においては物質としての特性も工業的に認められているわけです。
そうした特徴が価値の評価と結びつき、希少性故に高額で取引されているといえます。
実物資産は、金融や経済に関して人々が不安を感じた場合に、購入が増加するとされています。
つまり有事の金というわけですが、平時であっても保有しておく意味や価値は十分にあります。
流通が良くて取引しやすい貴金属は、現金化するのも容易ですし、必要に応じて他の投資の資金に替えられますから、資産運用の観点からも保有を検討する意味は大きいのではないでしょうか。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品③不動産

不動産投資には、数多くのメリットがあります。
以下にその代表的なメリットを紹介します。
まず賃料収入は比較的安定しており、定期的なキャッシュフローを期待できます。
地価の上昇や需要の増加により、賃料収入が増加することも期待できます。
物価上昇に対しても価値が維持される傾向があり、インフレに強い資産としても知られています。
長期的な視野で見れば、安定的な資産価値の増加が期待できます。
土地と建物の2つの要素からなるため、土地が希少価値を持つ場所であれば、建物の老朽化や劣化による価値減少を補って余りある価値を保持することもあります。
また一つの物件で投資が完結するため、複数の物件を所有することで、地域や物件のリスクを分散することができます。
さらに税金優遇措置があることもメリットの一つです。
具体的には、賃料収入から必要経費を差し引いた金額に対して、所得税や住民税が課税されるため、必要経費をうまく計算することで、税金の節約につながります。
資産運用のための不動産投資には多くのメリットがあります。
しかしリスクもあるため、慎重な検討が必要です。
適切なポートフォリオを組み、リスクを適切に管理しながら資産運用する必要があります。
そうすれば将来的なキャッシュフローや資産価値の増加を期待できます。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品④株式や有価証券

資産運用ポートフォリオ商品として何を選べば良いのか分からないという人におすすめしたいのが、株式や有価証券です。
資産運用では適切な金融商品を適切なタイミングで自分で選ぶ必要があります。
しかしその種類は非常に多く、金融商品に関する知識がない人にとってはとても大変なものです。
適当に考えて間違ったものを選んでしまうと資産を失うことにもなりかねないため、細心の注意を払って選ばなくてはなりません。
そんな時、株式や有価証券ならば、たくさんの情報が簡単に入手できるので判断しやすいというメリットがあります。
例えばテレビを見ても市場動向などの情報が常に流れていますし、新聞でも簡単に知ることができます。
書店に行けば今買いの株といった内容の雑誌が並んでおり、それにしたがって取引するだけでも簡単にポートフォリオを充実させることができるのが魅力です。
食品や化粧品メーカーなど、馴染みのある企業のものを組み込めば愛着を持って運用できるのではないでしょうか。
金融商品に詳しくない人にこそおすすめできる運用先です。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑤国債

ポートフォリオに国債を含めて資産運用すると、リスクを下げる効果があるということを知っていますか。
なぜポートフォリオに国債を含めるのがいいのかというと、資金の一部に含めることによって、資産全体のリスクを減らすことができるからです。
また株式の暴落時に債権の価値が上がるので、株価下落のリスクも減らすことができます。
さらに現金で持っているより金利が高いというメリットがあります。
個人向けのものには、固定3年や固定5年、変動10年がありますが、それらには共通するメリットを持っています。
どのようなメリットがあるかというと、利回りが最低0.05%と保証されており、元本の価格変動がないという点です。
購入時の手数料はなく、購入から1年後には中途解約をすることもできます。
中途換金する場合は、政府が買い取ることになります。
日本の大手銀行の預金金利は0.001%なので、すぐに使わない資金があるなら資産運用することをおすすめします。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑥ビットコイン

資産運用ポートフォリオの中にビットコインを入れておくと面白いです。
インターネットの技術は日々進化しており、今後大きな変化が起きると言われています。
今後来るであろうWEB3.0時代に、暗号資産が主流な決済手段となる可能性があります。
ビットコインは国境を越えた世界共通の通貨となることを予定して作られているので、WEB3.0時代の通貨として向いているというわけです。
国境を越えた取引が活発になっていくと、日本円の価値も大きく上下するかもしれません。
日本円をそのまま持っていたらどんどん価値が下がっていく可能性があるということです。
資産運用をするなら、暗号資産をポートフォリオに入れることがおすすめです。
ただし、リスクも相応に高いことは理解しておいてください。
価格のチャートを見ると、順調に価格が上昇を続けていますが、このまま上がり続けるという保証はどこにもありません。
全財産を投入するようなせず、分散投資をすることがおすすめです。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑦投資信託

資産運用のポートフォリオに入れる金融商品として、投資信託はとてもおすすめです。
なぜなら他の金融商品と違って安定性の点で非常に優れているからです。
ポートフォリオは、もともと資産運用の安定性を高める目的で開発された手法です。
収益性が高いからといって一つの金融商品だけに資産をつぎ込んでしまうと、その価値が大きく下落した時に損害を被ることになりかねません。
それを防ぐために様々な金融商品を組み込み、バランスの良い資産運用を行うのがこの手法です。
中でも投資信託は投資会社が運営を行っており、あくまでも大きな損失が出ないように安定性を重視しているのが特徴です。
そのためこの金融商品を組み込むことは、大きな利益は期待できないものの、逆に損失も出さないようにして少しずつ資産を増やすことができるようになります。
また配当と呼ばれるものもありますから、持っているだけで定期的に収入が得られるのも魅力です。
海外株にも簡単に投資できますから、これからは国内以外にも目を向けていきたいと考えている人にも向いています。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑧デジタルアート

企業というどこか無機質なものに投資するのはもう飽きた、もっと楽しみながら資産運用をしたいという人に是非ポートフォリオに組み込んでもらいたいのが、デジタルアートと呼ばれるものです。
これはコンピューターを使用して作り出された芸術作品のことで、若いアーティストが中心となって盛り上がっています。
以前はコピーが簡単にできてしまうことから価値はそれほどないとみなされていましたが、NFT技術の登場によって一点ものであることが証明され、現在ではオークションで何十億円もの値がつく程の投資対象となっています。
なぜこのようなデジタルアートで資産運用するのがおすすめなのかと言うと、まだ登場したばかりの投資先であるため値上がりの余地が非常に大きいことが挙げられます。
暗号通貨も登場したばかりの頃は非常に微々たる価値でしたが、現在は多くの人が注目したことで一気に値上がりしています。
デジタル化されたアートへの投資もまだまだこれから発展していくと考えられており、先行者利益を得たい人にお勧めできるというわけです。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑨FX

資産運用をするときにポートフォリオが気になるかもしれませんが、FXを取り入れることで効率的に利益を得ることができます。
外国為替を取引することで利益を確保することができますが、ドル円などの円との通過ペアで取引をすることができますから、日本人にも慣れ親しみやすい特徴があります。
ドル円の取引をすることで、他のポートフォリオの金融商品との間でリスク管理できるケースもあるので、実際に取引をする価値があるはずです。
FXは短期投資だけでなく長期投資をすることもできますから、いろいろな組み合わせで資産運用をすることができます。
長期投資をする場合は積立投資を組み合わせることでリスクを分散することができますから、安心して資産運用を成功させることができるはずです。
運用する金額もかなり少額から挑戦することができますから、大金を持っていなくても運用をすることができるので、幅広い人が取り入れることができる資産運用になります。

おすすめしたい資産運用ポートフォリオ商品⑩メタバースの土地取引

将来に備えて資産運用を始めたいと思っている方もいるかもしれません。
資産運用を上手に行っていくためには、ポートフォリオが大事なポイントなります。
どんなポートフォリオを組んだらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめしたいのは、メタバースの土地取引です。
メタバースというのは、近年注目を集めている技術です。
acebook社が社名をメタに変更したことでも、話題となりました。
早い段階から土地取引を始めておけば、将来的に大きな資産を築けるかもしれません。
取り組んでいる人が少ない今の時期はチャンスといってよいでしょう。
ただし、必ず儲けられるとも限らない点には、注意が必要です。
投資は基本的に自己責任となります。
生活費や自己防衛資金などを除いた余裕資金を使って、資産運用に取り組むようにしてください。
しっかりと下調べをしたうえで、無理のない範囲で投資をすることが大事なポイントです。

資産運用 ポートフォリオに関する情報サイト
資産運用ポートフォリオについてを知ろう

こちらのサイトは、自己資金がない少ない場合でも資産運用ポートフォリオができるのだろうか、一般的に現金100%は危険などのようにいわれているけれども、何故危険なのか初めての投資を検討している人にもわかりやすく豆知識をご紹介しています。デフレの物価上昇の時代に必要不可欠といわれているけれども、投資には色々なリスクがあるので不安もつきものです。また、ここではおすすめとなる投資商品をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search